色々な犬
黒い犬と可愛い犬
可愛い犬
走っている犬

たまたま通りかかったペットショップで犬の値札を見てあまりの高額に驚くのはよく聞く話ですが、実は飼育し続けるのにはかなりの費用がかかるため、飼い始める前にしっかりと把握する必要があります。犬の健康を管理するために有効な定期健診はプランによって費用に差が出るもので、身体検査だけだと2千円ほどですが、血液検査やレントゲン検査、尿検査などを加えていくと2万円を超えることも少なくありません。定期健診で病気の疑いが見られるとホルモン測定や超音波検査、心電図検査などを追加する必要が出てきて数万円が追加されることになり、加えて年に1回から2回は診てもらうのが標準ですからその合計はかなりの額にのぼります。

病気を未然に防ぐ手段として予防接種があります。法律で義務付けられている狂犬病ワクチンは年に1回、費用は3千円ほどであることが多く、追加で受ける5種ワクチンは通常年に1回で5千円ほどです。予防接種と同じく病気予防に有効なフィラリア予防薬は飲む回数と体重によって差が生じ、年に7回を飲む小型犬だと5千円ほどになるケースが多く、沖縄など温暖な地域に住む大型犬だと1万円近くになります。

意外と大きな額になるのが消耗品で、室内飼育用のペットシーツやおやつ、おもちゃなどは年間で合計すると5万円ほどになる家庭が多いですが、おもちゃとおやつは頑張って手作りすることで消耗品費を節約できます。犬の食費は与えるエサのタイプやグレード、食べる量によって大きな違いが出るのですが、標準的な1キログラム2千円のドライフードに1キログラム5千円の缶詰を混ぜる形で計算をしました。結果はチワワのような超小型犬だと年間の食費は3万円ほど、バーニーズ・マウンテン・ドッグのような体重40kgを超える大型犬だと年間10万円ほどになりますが、成長期になるともっと高額になります。

愛犬が亡くなって最後のお別れをするとき場合は火葬をするのが一般的で、その方法には一任合同火葬と一任個別火葬、立ち会い個別火葬があり、その料金は小型犬の場合それぞれ1万8千円と2万円、2万5千円くらいになります。一任というのは火葬とお骨拾い、納骨をスタッフに任せることで、お骨拾いは自分たちでやりたい場合には立ち会い個別を選ぶ必要がありますが、最近は訪問火葬車を使って思い出の場所で火葬してくれるサービスもあります。火葬だけでなく本格的な葬儀をしてもらうことも可能で、仏式の場合には僧侶に読経してもらい焼香をして花をたむけますが、花をたくさん使った祭壇を設置してもらったり、遺影を用意してもらったりすると30万円ほどかかります。